読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうだめかもしれない。

大丈夫ですかと聞かれたら、はい大丈夫ですと言うタイプの人間です。

【定期報告】息子のやりたい放題がとまらない話

こんにちは、hanadekameganetです。


ミニマリズムという言葉を最近よく見かけるようになったので


我が家でもこの概念を取り入れるべくいろいろ試行錯誤しようとしているんですが


何分ミニマリズムの逆を行くマキシマリズムの権化、過剰に全部欲しがる「あそぼうモンスター」こと3歳の長男がいるため、この試みは今のところまったくうまく行っていない、というのが正直なところです。


f:id:hanadekameganet:20151108003826j:plain
※画像は最近彼の中で流行っているらしい「かっこいいポーズ」




まったくこの長男と来たら、


「アレも欲しい、これも欲しい、もっと欲しい、もっともっと欲しい!!!」


「お前はブルーハーツか」と言いたくなるほどの甲本ヒロトスピリッツをどういうわけだか勝手に継承しているようでして



f:id:hanadekameganet:20151108004338j:plain
※画像はパンク精神をむき出しにして舌を出してみせる反骨精神の強い息子の一面を捉えた写真



その物欲は留まるところを知らず、ここ最近はとにかく寝ても覚めても


「あ!そうだいいこと思いついちゃった!」


と叫んだかと思えば僕の顔をジッと覗き込み


「イオン行ってー、やまのくるま買おうか?」


などとのたまう始末です。


どこが「いいこと」なんだ? そして「やまのくるま」とはなんだ?


と、父としては息子のやりたい放題ぶりに振り回されております。


最近はスーパーなどに行って


「買うのは1個だけだからねー」


と釘を刺しておいたのになぜか「ぷっちょ」と「おっとっと」を手にして戻ってきたので


「1個だけって言ったでしょ。どっちか返してきなさい」


と言ったら


「えーと、こっちがまーくんので、こっちはさーちゃん(妹)が食べたいって言ってたから…」


などと平然とウソをうくようになってしまいました。


しかしまあ、そのウソをつくとき、目が泳いでいる顔が面白いので結局2個買っちゃうんですが。


ちなみにこちらは、近所のショッピングモールのエステの壁に設置されている泡が出て来る仕掛けに夢中になっている、兄がお菓子を二個欲しいときにダシに使われている長女の近影です。



f:id:hanadekameganet:20151108004022j:plain


f:id:hanadekameganet:20151108004027j:plain


f:id:hanadekameganet:20151108004033j:plain


f:id:hanadekameganet:20151108004040j:plain



下から上へと上がって行く泡を追いかけていました。


猫か。


このような長男と長女と一緒に今日も頑張っております。