読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうだめかもしれない。

大丈夫ですかと聞かれたら、はい大丈夫ですと言うタイプの人間です。

チーバ君と娘のツーショットを撮りたかった話

こんにちは、hanadekameganetです。


本日は天気もよく、奥さんが子供たちの洋服を見たい、とも言っていたので近所のショッピングモールに行って参りました。


奥さんが洋服を選んでいる間、子供たちとおもちゃ屋さんに行って待っていたのですが、自転車コーナーで試乗が出来たので、試しに長女にも「乗ってみる?」と聞いてみたところ


f:id:hanadekameganet:20151206001348j:plain


ノリノリでした。





f:id:hanadekameganet:20151206001648j:plain


もちろんまだ漕いだりは出来ないので、ただまたがってるだけなんですけど、それでも十分楽しんでいるみたいです。


f:id:hanadekameganet:20151206001410j:plain


アゴが出ちゃってます。


これは彼女のノッている時の癖なのです。大きくなってからも多分調子いいときにはアゴが出ちゃうんだろなあと思います。


仕事するようになっても上司に怒られて「すみません」とか口では言っているのにアゴが出てるから「こいつ、調子乗ってるな」と見抜かれてしまうんではないかと父としては心配です。


ちなみに、長男は


f:id:hanadekameganet:20151206001737j:plain


小さい子向けのアンパンマンの三輪車に乗ってご満悦でした。


f:id:hanadekameganet:20151206001922j:plain


やることが逆!


ちなみに


f:id:hanadekameganet:20151206001933j:plain


「価格常識を斬る!」ということで、コピーが何とも勇ましいのであります。


あと自転車業界の常識に疎いので、この価格が斬られている価格なのかがイマイチわかりませんでした。


そんなこんなしていると奥さんの買い物も終了。


合流してお店を出ますと



f:id:hanadekameganet:20151206002327j:plain



むむ!



あ、あれは…



f:id:hanadekameganet:20151206002438p:plain



チーバ君だー!



以前地元のお祭りで見たこともない謎のゆるキャラに出会って以降ゆるキャラには会っていない我々にとってこれは僥倖


hanadekameganet.hatenablog.com


というか、チーバ君と言えばゆるいとも言えない我らが千葉県の公式キャラ!


そう、千葉のゆるキャラと言えばジャガーさんとか


matome.naver.jp
ジャガーでえ〜す」


森田健作氏など


f:id:hanadekameganet:20151206003600p:plain
「ぼっかあねえ」


大御所がたくさんいますので、チーバ君はその中でもむしろカッチカチ、いや、ゴリッゴリの堅(かた)キャラ!


これは早速握手やで!とばかりに娘を連れてダッシュしましたところ


f:id:hanadekameganet:20151206003728j:plain


f:id:hanadekameganet:20151206003734j:plain


ん?


何か様子が…


f:id:hanadekameganet:20151206003748j:plain


f:id:hanadekameganet:20151206003802j:plain


「うわあああああああん!!」


f:id:hanadekameganet:20151206003820j:plain


「うわああああああああああん!」


めちゃめちゃ泣いとるやないか。


「さーちゃん(娘)、チーバ君…」


f:id:hanadekameganet:20151206003859j:plain


「こあいよー!!!」


どうやら赤くて大きい異形のものに親しみより先に恐怖を感じてしまったようです。


f:id:hanadekameganet:20151206004108j:plain


娘の手を引いて離れつつ遠くから撮った一枚。チーバ君も恐れられてどこか寂しげです。


f:id:hanadekameganet:20151206004237j:plain


「あいつまだいる」といわんばかりの表情で後ろを確認していた娘。


でもどうしても諦めきれなかった僕は


f:id:hanadekameganet:20151206004308j:plain


なんとか二人をワンフレームに収めて撮影することに成功いたしました。


今回はこれでよしとします。