読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうだめかもしれない。

大丈夫ですかと聞かれたら、はい大丈夫ですと言うタイプの人間です。

サンタは町で味噌ラーメンを食べているという話

こんにちは、hanadekameganetです。


f:id:hanadekameganet:20151220232013j:plain


いきなり美味しそうな味噌ラーメンの画像です。


実は今日、妻に一日お休みをもらって一人の時間を過ごしてきたのです。






美容院に行き、気になっていたラーメン屋さんのカウンターでお昼ご飯を食べ…と、普段であればなかなか出来ないようなことを思う存分行うことが出来ました。


妻にはもちろん感謝していますが、これだけで一日お休みをもらうことなど、出来るはずがありません!


そう、今日の僕には大事なミッションがあったのです。


それは…


我が家のサンタクロースになること!


その為にもこのクリスマス前最後の週末。込み合う街中のおもちゃ屋さんへ単身繰り出さなくてはならなかったというわけなのです。


しかも既にある程度ものがわかってきている3歳の息子を連れて行ってはこれから長く続く「サンタクロース信仰」も形成出来ないというものです。


そこで僕はサンタに敬意を払い、とりあえずパンツだけちょっと赤っぽいものをチョイスして、おもちゃ選びに臨みました。ちなみにパンツというのは本当の意味でのパンツです。下着のパンツです。


ということで巣鴨のおばあちゃんがありがたがって穿くようなパンツに下半身を包んだ僕は、こざっぱりとした頭と、味噌ラーメンで温まったおなかでおもちゃ屋さんへ。


さすがの混雑ぶりですが、使命感に突き動かされる僕に取ってはなんのその。


事前に息子に何度も「サンタさんにお願いするおもちゃ決めた!?」と詰問し、ついには「何度も言ったでしょ!」と誠に正論を吐かれるという憂き目に会いながらも意思を確認したおもちゃをまずはゲット。


ちなみにこちらが彼の今一番欲しいおもちゃです。




彼の言う「やまのくるま」というワードがこれを指している、ということに気がつくまで相当な心理戦、攻防もありましたが、「これかー!」と思い至ったときの気持ちたるや。それこそもう「謎は、全て解けた」もしくは「真実はいつも一つ」もしくは古畑任三郎でした」と言いたくなるほどの達成感でした。


娘に関しては現状「何が欲しい?」と聞くと「あばじえじょぶじょちゅよー!」と絶叫するばかりなので、こちらで勝手に決めさせて頂きました。



そう、女の子を持つ父親の憧れ、でおなじみ「シルバニアファミリー」です。


これについては若干僕と妻の押しつけ気味なところもありますが、普段の遊び方を見ていても、人形遊びが好きそうなのと、従姉妹たちと遊ばせているときに向こうが持っていたシルバニアの人形に興味を持っていたことを思い出し、チョイスしました。


しかしまあ、知れば知るほど子供のおもちゃというのは非常に拡張性高く計算され尽くしておりまして日本の玩具メーカーの優秀さには舌を巻くばかり、という感じなのですが、巻いてばかりでもベロが詰まって窒息しそうなのでなんとかいい落としどころを見つけないといけません。


このスターターキットを買ってしまうことで果てしない「シルバニア・サーガ」に一歩踏み出すきっかけを作ったのは、何を隠そう娘ではなく自分たちなのですから…


ということで、早速家だけではななんだろう、とのことで買ってみた





こちらのファミリーなんですけども、人形4体が家とほとんど同じ価格!


「機器は無料でお配りしてます!リフィルが月々何千円です」という感じのアレと同じ感じを受けまして。「そうか、シマネコ、リフィルか…」となんだか人生の苦みを味わってしまいました。


ということで必死の思いで買い物を済ませひいひい言いながら帰宅。


もちろんおもちゃは持って帰ればハイエナのごとき稚児たちに無惨に「なにそれー!!!何買ったのー!!」「あべじぇじょぶちゅよー!!!」と破壊されることが想定されましたので、クルマの後部座席で静かに待機している次第です。


我が家ではクルマがトナカイ、サンタが僕というわけです。


クリスマスイブまであと四日になりました。


クリスマスの日の朝、子供たちがどんな風に目を覚ますのか…今から楽しみです。


まあ、普通に出社日なので出社前に彼らが起きてくれるのかどうか不安ですが。


多分、間に合わないだろうなあ…。