読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうだめかもしれない。

大丈夫ですかと聞かれたら、はい大丈夫ですと言うタイプの人間です。

消防車と対面した話

以前から息子が消防車が大好きで将来は消防士になりたいことを公言しているというお話は何度か書いているのですが


先日、地域のイベントで消防車に乗る体験ができるということを知り、一家で行ってまいりました。


どちらかというと息子よりも僕と妻の方が興奮してしまい


「まーくんまーくん!消防車の本物に乗れるよ!!消防士さんに会えるよ!」


とものすごい勢いでわめき立てたため息子は「お、おう…」みたいな感じになってましたが


当日到着するとさすがに彼も徐々にテンションが高まり始め、赤い車体が見えてくる頃にはMAX状態に。


f:id:hanadekameganet:20160504224725j:plain


「あーはしご車だ!」
(※ちなみにはしご車のかご部分に乗れる体験もあったのですが身長が足りずに断念。でも、乗ったところでディズニーランドの「カリブの海賊」で硬直していた息子のことなので空中で「こわいこわい下ろして!」と絶叫していたことが予想されますので、乗れなくてよかったと思います)


f:id:hanadekameganet:20160504224908j:plain


「これトミカのやつだ!」


f:id:hanadekameganet:20160504224940j:plain


そしてあこがれの消防車の運転席に!


ちなみに、この運転席に乗るための列に並ぼうとしたところ「行かない!」「乗らなくて良い!」と急に号泣しはじめるというアクシデントがありました。


全く意味がわからず妻と「???」となりつつも「これは写真撮っておいた方がいいって」と説得していた僕は右目に息子のパンチをくらい負傷までする始末。


結局なんとかこの写真は撮れたものの、息子の号泣の理由は不明なまま…。


なんでしょう、夢が叶ってしまうということについて嬉しさのあまりだったのか…好きな相手と2ショットで写真が撮れるよ、と言われた時に恥ずかしくて断ってしまう男子中学生的な…真相は不明ですが。


あと、この消防車乗車体験の消防士さんが非常に子供にも親切なめちゃくちゃいい人で、ご自分の帽子を息子に貸してくださいました。


f:id:hanadekameganet:20160504225325j:plain


超ダメな感じになってしまいました。


ちなみに娘も乗せてみたところ


f:id:hanadekameganet:20160504225500j:plain


帽子のデカさがいい感じに作用してこちらは不良女性消防士みたいな感じになってしまいました。さては無免許だなこいつ。


f:id:hanadekameganet:20160504225635j:plain


他にも放水体験とかもできました。


f:id:hanadekameganet:20160504225701j:plain


前を向きなさい。


f:id:hanadekameganet:20160504225738j:plain


でも結局一番テンション上がってたのは自動販売機のアイスを買ってあげたときだったっていう。なんなんだ。