読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうだめかもしれない。

大丈夫ですかと聞かれたら、はい大丈夫ですと言うタイプの人間です。

昔の話

国語が苦手

僕は絵に描いたような文系だったので、大学は私立の文学部だった。 国語と英語と日本史の三教科だけ勉強すればなんとかなる、というやつだ。 勉強はそれほどできなくなくても、3つくらいならなんとかできるだろう、というくらいの認識だった。 結果的に3つ…

過去の自分と対決した話 番外編

長くなりすぎてしまった自分の思い出と向き合った話なんですが、今回は番外編としまして 物持ちがいいんだか、ただ単に物事に無頓着なんだかわからない僕の母が 20年以上前に駅前でせっせとティッシュ配りの人からもらってためこんでいたポケットティッシュ…

過去の自分と対決した話 後編

というわけで、続きです。 もうだいぶ過去の自分のなんというか、悪意のない無邪気な毒みたいなものを延々と飲まされてきていて相当体にきている状況なんですが、過去の自分と決別するためにもこの行為を途中で止めることはできません。 13年前のロッキンオ…

過去の自分と対決した話 前編

「そろそろ引き取ってくれない?」 と母親に嫌味っぽく言われまして、実家に残してある自分の過去の遺物を選別する作業にしぶしぶ出かけました。 実家を出て6年。子供が生まれてからはそれなりにちょこちょこ遊びに戻ってきていたものの、じっくりとクローゼ…

赤い実がはじけた話

こんにちは、hanadeakameganetです。 小学生くらいのときに、国語の教科書で読んだお話ってふと思い出すことがあると思うんですけれども 僕の場合はこちら。 「赤い実はじけた」 というわけでございまして 光村図書の国語の教科書をお使いだったかつてのBOYS…

お葬式の思い出という話

こんにちは、hanadekameganetです。 たまたまだとは思うのですが、ここ最近お葬式の話題が身の回りで続きました。 職場の方だったり、仕事上の付き合いのある方だったり。 親族も一昨年から去年は続いたこともあり、 お葬式が一回あると、大抵「続くときは続…

僕らのヒストリーという話

こんにちは、hanadekameganetです。 CDを初めて買ったのは小学校3年生のときでした。 それまでの僕にとって音楽といえばコロちゃんパックであり 「仮面ライダー」とか「◯◯レンジャー」とかのカセットテープを買ってもらって聞くものでした。

息子のラジコンの話

こんにちは、hanadekameganetです。 僕のささやかな収入のみで家計を支える慎ましい我が家では 何かと100円ショップが多用されております。

バレンタインの思い出の話

こんにちは、hanadekameganetです。 世間的にバレンタインデーでして、 僕はと言いますと まあ、ありがたいことに今はなんとか奥さんからもらえるわけなんですけど

妻の青春時代と大掃除中に遭遇した話

こんにちは、hanadekameganetです。 大掃除を少しずつですが進めております。 今年は妻が例年になく積極的でして、なんとエアコンのフィルター掃除なんかもしています。 正直なところ家事の中では恐らく一番掃除がきらいなはずの妻ですので、この心境の変化…

突然、西田敏行の話

こんにちは、hanadekameganetです。 そういえば今衝撃的に思い出したのですが、数年前僕は地元のショッピングモールが主催するクリスマスコンサートにダメモトで応募したところ当選し、妻と一緒に見に行ったことがありました。 コンサートの出演者の中には西…

押し入れから発見されたニンテンドーDSの話

こんにちは、hanadekameganetです。 先日僕の家庭は親の方針でテレビゲームの類いが一切買ってもらえなかった家庭だったと言うお話を書きましたが hanadekameganet.hatenablog.com 大人になってから、その時の反動もあったのか、とにかく「ゲーム機が欲しい…

中学校の卒業アルバムの持つ殺傷能力を改めて再認識した話

こんにちは、hanadekameganetです。 資格試験の勉強をするために、ユーキャンに入りました。 というか入ったのは実は1年以上前なんですが。 そして、受験する予定だった資格の受験日は既に過ぎてしまったのですが。 you canかもしれませんがi can'tでした。

エビちゃんとイルマリさん第一子誕生、もう一つの物語と言う話

こんにちは、hanadekameganetです。 蛯原友里さんとリップスライムのイルマリさんの間に第一子が誕生と言うニュースを聞き、私の脳裏に最初に浮かんだのは 高校時代、文化祭の準備で教室にラジカセが持ち込まれており 放課後で教室にはあまり人もおらず、 当…

ブログ初日を訪ねる旅

こんにちは、hanadekameganetです。僕は昔から文章を書くのが好きで、途中で休んだりしながらもなんやかんやでブログを10年以上続けてきました。それは場所を変えたり、SNSでの日記になったり、あるいはTwitterになったり、色々と形を変えては来ましたが、何…

黒歴史再び

こんにちは、hanadekameganetです。さて、僕はなかなかモノが捨てられない断捨離の逆を行く続拾持(読みは各自にお任せします)の精神でやらせていただいているのですがとはいえさすがに最近何でもぶち込んでおく収納ボックスがかなりぱんぱんになってきたた…

時の旅人

どうも、hanadekameganetです。画像はちょっと前のものですが、あまりに妻が私の部屋着がひどいというもので 「部屋着ってそもそも人に見せるものじゃないでしょ。いいじゃん別に」 と言っていたら写真を撮られまして、見せられたときの画像です。 これを見…

omoide

この間久しぶりに地元のショッピングモールに行ったら、 15周年ということでしたが、 15年で土地の契約が切れるので、取り壊しになるそうです。 で、最後だからじゃあ華々しく盛大にさよならセールとか、 全体を上げて取り組んでるのかなと思いきや テナ…

sabutaitoru

サブタイトルが好きです。 小学生の頃、僕は特撮ヒーローものが好きで、よく当時ケイブンシャという出版社から出ていた 「スーパーヒーロー大百科」とか 「戦隊ヒーロー大百科」とか 「世界の超常現象100」とか そういう類いの小さくて分厚い、粗悪な紙質…

papa

父親の呼び方というのは、いつから固定されるのでしょうか。 僕の場合、物心ついたときには「お父さん」で、その前に父親のことを何と呼んでいたのか記憶がありません。 実際自分が父親になってみると息子は私のことを「あーちゃん」と呼ぶようになりまして…

ohakamairi

30にして、初めて自分の意志でお墓参りに行った。 ほんの少し前まで、私にとってお墓参りというものは自分の中に存在するものではなかった。それは常に親や誰かにとっての必要なイベントであり、自分は時折それに参加している、というものだったのだ。 自…

hitomishiri

私はあんまり人の目が見れない。 ここ数年で決定的にそのことに気がついて、割と愕然として。 というのは会社の先輩と喋っているときに私は全く普段通りのつもりだったのにも関わらずその先輩に半笑いで「全く目を見てくれないね」と言われたからである。 シ…

kurorekishi

今も続いているようなものですが、昔から何かやりたいと思って とりあえず何か始めてはほっぽり出すということを繰り返してます。 思い返しても謎なのは、小学校二年生のときに 「こわい写真を撮りたい!」 と思い立ち、母親に頼んで当時はまだ一般的だった…