読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうだめかもしれない。

大丈夫ですかと聞かれたら、はい大丈夫ですと言うタイプの人間です。

過去の自分と対決した話 番外編

昔の話

長くなりすぎてしまった自分の思い出と向き合った話なんですが、今回は番外編としまして


物持ちがいいんだか、ただ単に物事に無頓着なんだかわからない僕の母が


20年以上前に駅前でせっせとティッシュ配りの人からもらってためこんでいたポケットティッシュのコレクションをご紹介します。


f:id:hanadekameganet:20160505223534j:plain


こんな感じで紙袋いっぱいにどっちゃり入っていました。



f:id:hanadekameganet:20160505223627j:plain


いきなりきました。「バレンタインコール」とのことでして


要はテレクラなんですが、当時は全盛期だったのか「ポケットティッシュ=テレクラ」的なイメージは僕に刷り込まれてるところはあります。


f:id:hanadekameganet:20160505223735j:plain


ちなみにこのティッシュ、裏はヒョウ柄となっておりまして、この辺のセンスはなんというか、現代に通じるところがあるような気も。


f:id:hanadekameganet:20160505223805j:plain


またもやバレンタインコール。すごい店舗数です。当時の盛況ぶりが伺えます。


f:id:hanadekameganet:20160505224146j:plain


f:id:hanadekameganet:20160505224414j:plain


「好奇心から始まる恋もある」


という力技なキャッチコピーとともに微笑む妙齢のカップル。バレンタインコールさんが「テレクラここにあり」という感じの宣伝だったのと比べるとこちらのアップルチェーンさんは結婚相談所的な雰囲気を演出しようとしていた模様です。


それにしても「相手の男性の自宅につながります」って今日の感覚からするとやっぱこわいですね。


f:id:hanadekameganet:20160505224155j:plain


あれ、アップルさん…あんたもバレンタインコールと同じじゃないか。「誰かとオシャベリしたい時ってあるよネ…」という部分がノスタルジーです。


f:id:hanadekameganet:20160505224202j:plain


出ました。バレンタインコールさん。安定のジャケット作り。ついにダジャレに走り始めました。


f:id:hanadekameganet:20160505224208j:plain


裏側はさらに下世話な感じです。「即アポ」「即決」などの言葉が踊ります。


f:id:hanadekameganet:20160505224308j:plain


唯一あったリンリンハウスさんのティッシュ。全体的にテレクラティッシュ界では落ち着いた造りの方ではないかと。後ろのハイビスカスチックなデザインも◯です。


f:id:hanadekameganet:20160505224222j:plain


こちらはテレクラとは関係ないんですけど、FOMAのティッシュです。全体的に銀色で未来感が半端じゃない。中身ティッシュだけど。


f:id:hanadekameganet:20160505224235j:plain


あとこちらは配ってたものではないと思うのですが、サンリオのキャラクター「かいじゅうパラダイス」のティッシュ。僕が幼稚園くらいのころ、やたらとこのキャラの布で手提げカバンとか作ってもらってるクラスメイトがいて流行ってたんだと思うんですけど、最近ではめっきり見かけませんよね。


このキャラ、もうサンリオ的には消えてしまったのかな…と検索してみたら


www.san-x.co.jp


い、一応キャラクター一覧に在籍してる!!


f:id:hanadekameganet:20160505225950p:plain


そういえば当時ってなぜかローマ字で書いてあるの多かったなー。


f:id:hanadekameganet:20160505224242j:plain


不動のけろっぴもいました。


というわけで、しばらくは子供の鼻をかませるのにも、こぼしたジュースを拭くのにも、じゃんじゃんこれらのテレクラティッシュを有効活用していきたいと思っております。