もうだめかもしれない。

大丈夫ですかと聞かれたら、はい大丈夫ですと言うタイプの人間です。

ピースができた日

娘がピース出来るようになった。

「さーちゃん、ピース出来るようになったんだよ!」
と鼻息荒く突進してきたので手を見ると、確かに少し不恰好ではあるものの、人差し指と中指が二本、きちんと立っていた。

「すごいじゃん!写真を撮るときはこれやろうね」
と言うと嬉しそうだ。顔の横にピースをくっつけて、お得意の顔をくしゃくしゃにした笑顔を浮かべている。

妻に聞いたら、ずっと練習していたらしい。
私が会社に行き、息子を幼稚園に送った後、数時間は妻と娘の二人だけの時間が毎日あるわけだが、その時間の間、娘が一人真剣に何かをしていたので見てみると、自分の指と格闘しながら一生懸命ピースの作り方を考えていたそうだ。

「私はずっとさーちゃんの努力を見てたよ」

と妻がぽつりと言う。娘も満足げだった。

続きを読む

こどものことば

つい最近長男と話をしていたら、何の前触れもなくいきなり
「ねえ、集団リンチってよくないことば?」
と突然言い始めてギョッとした。

家庭内で多少下ネタを言うことはあっても、何の脈絡もなく集団リンチという言葉をこどもの前で使うことなんてないし、記憶の限り妻が言っていた覚えもない。
動揺してしまい「そうだね、あんまりよくないことばかなあ」などとしどろもどろに答えると、長男はそれほど興味なさそうに「ふうん」とだけ言って、また遊びに夢中になり始めた。

どこで覚えたのだろう、と考えるとこれはもう紛れもなくYouTubeだろう、と思い当たった。
変な言葉を覚える先は、昔テレビで今YouTube
笑点で誰か言いだしそうである。
PTAが「子供に見せたくない番組」とか言って深夜のお笑い番組を攻撃していた頃がもはやファンタジーの世界だ。そろそろ「子供に見せたくないユーチューバー」とか言い出すだろう。

続きを読む

健康第一

自分の体のことは知っているようで知らない。
当たり前のことだけど、ここ数年はそんなことの連続だ。

続きを読む

スタンドバイミー

子供がユーチューブで動画を見過ぎている。

楽しんでみちゃう気持ちもわかるし、実際見ててくれると自分もその間だらだらできるという理由も多いのだけど
なんやかんやで結構見せてしまっている。

ここ最近はさすがにちょっと寝ても覚めても「スマホ!」「動画!」と言っているので、少しちゃんと言わなきゃいけないのかな、
ともやもやしていたところ、トミカをストップモーションで撮影した一般の人が作ったカーチェイス風動画を食い入るように見つめていた。
丁寧につくられていて、トミカながらなかなか見ていて惹きつけられるものがあったので、息子に
「すごいねこれ」
と声をかけると
「これで勉強してるの」
と言う。
「動きをよく見て、真似してるの」
と画面から目を離さずに言うのだ。

続きを読む

七五三

先月から今月にかけて、私にしては珍しくイベントごとが続いた。

家族旅行、祖父の三回忌、息子の運動会、ロックバンドのライブにまで行った。
そして今日が最後の大きなイベントとなる娘と息子の七五三だった。

今まで全てギリギリでなんとか当日はいい天気になっていたにもかかわらず、最後の最後であいにくの雨。

昨日の時点で今日はくもりで耐えられるかも、という予報もあっただけに残念だった。

続きを読む

くさくなってきた

おじさんで時々強烈に香水くさい人がいる。

「トイレの芳香剤飲んでるんですか?」と思わず聞いてしまいたくなるレベルの人だ。

どうにも理解できなかったのだけど、ここ最近なんとなく気持ちがわかるようになってきた。

加齢とともに男はくさくなる。

続きを読む

会社のメール

会社のメールをスマホでも見れるようにしている。

 

外出が続いた際などには便利なのだが、大抵の場合は見なきゃよかったな、という案件が多いのも事実だ。

 

そもそもスマホで見れるように設定していなければ知ることのなかった情報がプライベートな時間に突然介入してくるわけだから、自分で希望したこととは言え、全く余計なことをしたものだ。

 

続きを読む

いつもおなじ

いつも同じことを妻に聞いてしまう。

食べ物は特に多い。

会社から帰ってきて、夕飯を妻が用意してくれている。

食べて、美味しいと

「これおいしいね!いいねこれ!また食べたいt!」

と再び用意してもららえる等に必死にアピールするが、だいたい一度出されているものだったりもする。

続きを読む

結婚式

会社の後輩の結婚式に出席した。

ここ最近は身近な人の結婚が一通り済んでいたのであまり呼ばれる機会もなく
久しぶり、という感じだったのだが、出席してみて自分で驚いたことがある。

なんと、泣いてしまったのだ。

しかも、直接親交のある新郎に何かを感じて、ということではなく、
今日初めて会った新婦と、そのお父さんに、である。

続きを読む

つる

老化現象の話ばかりで恐縮だが、体力の衰えが激しく時折そこそこ深刻に落ち込んでいる。

30代半ばの方にはお聞きしたいのですが、よくあちこち「つり」ませんか?

私はここ最近寝ている時に突然右足がピキーンとつる、という怪現象を発症するようになっている。

しかもつる、といってもなんというか太ももを中心にものすごい力で巨人に足を鷲掴みにされているように

擬音をあえてつけるならば

「ぎゅむむむむ」

という感じでつるのである。

続きを読む