もうだめかもしれない。

大丈夫ですかと聞かれたら、はい大丈夫ですと言うタイプの人間です。

2/25 給付金

気がつくと11時近かった。

慌てて起きる。すぐ昼ごはん。

出前一丁の塩ラーメンに生卵を落として食べる。

子供達はトースターで焼くだけで出来上がるピザ。ありがたい時代です。

娘とリカちゃん遊びを久しぶりにするが猛烈に眠くて謝って途中でやめる。

夕方息子と自然発生的に追いかけっこになる。最近韓国映画ばっかり見ていて感化されてるので、見様見真似の殺陣ごっこする。

倒れ込んだ息子の横腹を蹴り上げるマネをする。娘に当たってるみたいでしょ、と言ってるとつま先が本当にちょっとだけ当たってしまう。ごめんごめんと謝るが、男の子だからか意外とこういうのは好きだったらしく、少し興奮していた。

そのあと両親が訪ねてくる。息子と妻が同じ誕生日で、日にちが近いのでお祝い金を持ってきたという。挨拶だけして玄関先で手短に済ませる。封筒の中身を見ると結構入っていてびっくりする。

食費の足しに、と言っていた。

一足早く給付金をもらってしまった。

夕飯に牛カツを食べる。

息子の公文とうんこドリルを進めさせることが出来てよかった。

 

Amazonプライムで映画のミストを見る。

よかった。怖かった。コロナ騒ぎに通じるようなところもある。ラストの父親の慟哭を自分に置き換えるといたたまれない。

 

夜にシャンパンを飲みながら随分見ていないまま放置していたクリミナルマインドを見る。いつのまにか母親に追い抜かれてしまった。母親はもうAmazonで見れるシーズンを全て見終わってこのあとはいつ配信されるのだと質問してきた。GEOにDVDがあると思うから、行ってみたら、と会話をしたのが1ヶ月前。

 

息を潜めるような1ヶ月間だった。

2/24 救急箱

1ヶ月ぶりに出勤する。

家に出ること自体が3週間ぶりくらいなので、外に出ること自体が怖い。

マスクをして、何度も手を洗って除菌スプレーを吹きかけてから外に出る。

外に出た途端に若い男性とぶつかりそうになり、思わず大袈裟に避けてしまった。

気を悪くしたかもしれないが、仕方ない。許して。

電車は空いているけど、思ったよりは空いてない、というのが正直なところ。

ただ、以前と違うのは座れるくらいの空き具合にも関わらず、座席に詰めて座らないところ。

みんな気をつけている。気にせず空いているところに座っちゃう人もいるけど、俺は座ったあとに隣に人が来たら気になってしまうから、会社の最寄り駅までは立っていった。

 

会社はガラガラで、普段しまっているはずの扉が開放されていたりして、いろいろ今までと違う。そして、電話が全然鳴らない。人もほとんどいないのでシーンとしていて声を発せられない雰囲気。

 

上司と同僚が数名来ていたので、恐る恐る挨拶。

普段テレワークでメールもしているし、チームメンバーのLINEグループで雑談をすることもあるのだけど、会うの自体は本当に久しぶりなので思わず他愛のない会話をしてしまう。

普通のことなのに、とても久しぶりな感覚。あまり喋らない方がいいのだろうけど、やはり人と話すということは、楽しいな、と当たり前のことを思う。

電車が混まないうちに帰ろうと思って、夕方前に帰宅。

家に帰ると、ひさしぶりに外に出たり電車に乗ったからか、異常に疲れている。ソファに横になってうたた寝してしまう。

 

夕飯はハヤシライス。おいしい。久しぶり。

娘が「アイスがあと一個残ってるから食べていいよ!」と言うのでもらった。

セブンで売ってるワッフルコーンのアイス。おいしい。食後に甘いものを食べるのは楽しい。

 

救急箱を買った。

会社の健康組合で安く常備薬を買ったからだ。今まで何度も案内をもらっても一回も買わなかったのだが、今年初めて買ってしまった。不安がそうさせるのだろう。別に太田胃酸やパブロンを買ったところで感染を防げるわけでもないのだが、備えるマインドになっているのは仕方ない。

 

昔実家で救急箱があったときはダサいなあ、ジジくさいなあと漠然と思っていたのだが、やっぱり救急箱はあったほうがいい。

というわけで、俺は今救急箱に嬉々として薬を詰め込んでいる。

2/23 親子丼

少し寝坊してしまい、慌ててパソコンを立ち上げる。

チームメンバーに業務開始時にメールを回すので、勤務開始が通常よりも可視化されやすい。

案の定俺以外のメンバーからの勤務開始連絡は全員来ていた。少し遅れて俺も勤務開始の連絡メールを行う。なんとか不自然でない程度の遅れでメールを送ることが出来た。

朝食を食べる時間もないので、冷蔵庫からヨーグルトを取り出して書き込んでからパソコンに向かう。

昨日の夜、買ってあったレモンサワーも飲み切ってしまったし、今日は飲まずに寝るか、と思っていたら、去年の年末に取引先にもらったシャンパンがあったことを思い出した。

取引先はイギリス人で、ドレスコードがあるようなパーティに招かれた際にもらったものだ

。ろくに英語もしゃれないのでニヤニヤしてるだけであとは通訳の人に任せて食事して酒をもらって帰った。どうしようもない。

そのシャンパンを飲み過ぎたせいで寝坊してしまったのだ。頭が少し痛い。痛いけどメールを読む。こういうときは悪いことが重なる。なぜかトラブルが発生しており、社内の結構な人数宛にメールが回ってしまっている。面倒臭い

昼ごはんはセブンイレブンの親子丼。ひさしぶりに食べるがセブンの惣菜、弁当は何を食べてもうまい。

新商品の使用レポートを書く。

会議の資料作成などを真面目にやる。

夕方洗濯物を取り込む。

ステッパータイム。

ひさしぶりに体重計に乗ったら、なんと増えていた。なんだよ。この間減ってたのに。

夕飯は焼き魚を中心とした和食。ヘルシーだったのでよかった。

息子のメンタルが不安定の日だったので勉強は諦める。こういう日に無理してやらせてもお互い疲弊するだけだ。

 

 

 

4/22 有吉の壁

起床。最近では日課になったベーコンエッグ作り。娘の分を作るも自分も食べたくなってもう一人分作り、焼いた食パンに挟んで食べる。うまい。味付けは塩胡椒。

仕事は週の半ばということもあるのか、いまいち集中できずに中だるみする。途中でアリナミンを飲む。これを飲むと一日息切れせずになんとなく頑張れる気がする。プラシーボ効果かもしれないけど、おまじない的にあるかないかはこの状況では大きい。

お昼ごはんは坦々麺。辛くて美味しい。妻が買っておいてくれたチョコレートをちょっとだけ食後に食べるのが楽しみ。

座って仕事をしているときに、右足の裏に違和感を感じたので見てみると、なんと小さいタコが出来ている。こんなところ、どこに当たってるの?という小指の内側。うまいこと今まで隠れてたらしい。全然気がつかなかった。裸足で仕事をしてる今だから気がついたのだろう。

夕方、早めに仕事を切り上げる。今日はきちんとステッパータイムを作れた。

内村さまぁ〜ずを見ながらやっているのだが、最新のものから遡って見ているので、段々話題が古くなる。「もうすぐオリンピックですね」と言っていたのが「紅白、おつかれさまでした」になり、「令和、ということで」になり「世間は新元号が発表されましたね」となっている。

なんだかつい最近まで普通だったことに現実感がどんどんなくなっている。

夕飯に刺身が出て興奮した。

テレビの内容が少しづつ変わってきた。再放送や総集編が出始めていて、出演者の距離がどんどん広がり、ワイプだらけになってきた。

食後に子供の勉強を見る。習慣が少しづつついてきた。

有吉の壁を見忘れたことに気がつき、ちょっと声が出る。娘に「どうしたの?」と聞かれてしまう。

TVerをダウンロードしてみた。広告は入るけど、意外と問題無く見れた。

ここでもリモート出演のコーナーが始まっている。が、これが面白かった。

逆境を生かして面白くするのは、さすがだなあと普通に感心する。

笑ってる場合じゃないことも多いが、本当に一瞬でもこうして笑わせてくれることに感謝したい。

 

 

4/21 クラウドファンディング

8時起床。見計らったように娘が起きる。ベーコンエッグを作る。今日は今まで一番卵がとろとろに出来た。自分でも美味しそうだと思う。

 


仕事。今日はよく電話がかかってくる。

ほんの5、6件電話のやりとりをしただけなのに、めちゃめちゃ疲れている自分に気がつく。3週間ほど妻以外の大人と口頭でまともなやりとりをしていないからだ。メールのやりとりがメインで電話は多くても一に2件程度だったから気が付かなかったが、大人ときちんと考えながら話をすると疲れる。まずい。退化してる。

今日初めて取引先に「Web商談ってしてますか?」と聞かれてしまう。巷で話題のZOOMとか言うのを使って商談してるらしい。すみません、アナログな会社なもので…と、一丁前にテレワークしてるくせにまだ導入出来ていないことを謝る。結局資料を送ってもらい、それを見ながら電話で商談。相手は俺の電話をスピーカーで聴きながら数名で会議室で話をしている。こっちは声だけ。一人。めちゃめちゃ恥ずかしい。1時間くらいその電話商談は

続いて、終わったらもう他の仕事する気しないくらい疲れていた。

夕方屋上に上がって洗濯物を取り込む。街への人出は少な目だった。外は暖かかった。

今日はちょっとしたトラブルが発生し、その対応で時間がかかったために運動の時間が取れなかったなんとか19時過ぎに区切りをつけて夕食。

今日の献立はいつもなんでもいい、と妻に任せていると機嫌が悪くなるので一生懸命一緒に冷蔵庫の中を見ながら俺も意見を出した。

コンビーフとじゃがいも、玉ねぎの炒め物、キムチと蒸しささみの和え物、エビとブロッコリーと卵のサラダ、桜海老の味噌汁、ごはん。

どれも美味しい。

夜に息子の勉強を見る。公文、うんこドリル、九九のおさらい。九九は順番に行っていくとわかるのだが、いきなり途中から聞かれるとまだ答えられない。

三の段を3かける1からは言えるが、3かける5は?と聞くとダメ。

昔やった公文の国語を見返していると、「今欲しいものを書いてみよう」という特に決まった答えがない系の問題があって、そこに息子は「ナイフ」と書いていて、そっと目を閉じた。

 


娘とお風呂に入る。最近は背中を洗ってくれる。背中を一人で頑張って洗ってる、と言ってからやけにその点をかわいそうに思ってくれているらしい。ちょっと前までハマっていた鬼滅の刃はもう飽きたのだという。今は何が好き?と聞くと「トイレの花子くん」という。

親はこうやってこどもの話題についていけなくなる。こどもの頃わからなかった「親は自分のことなんか何もわかってない、知らない」というメカニズムがだんだんわかってくる。

子供の興味は移ろいやすく、流行り廃りが早い上にその範囲が狭いようで広い。それに反比例するように親の世代はいろんな物事への許容度が狭く、興味が薄くなっていき、目の前のことしか見えなくなりがちだ。

 


あしなが育英会と、医療従事者へフェイスシールドを送るクラウドファンディングに本当に少額だけど寄付する。

何もしていない自分のせめてもの罪滅ぼしというか、少額でも何か形になるものをすることで得体のしれない罪悪感からの免罪符が欲しかっただけ、というのが正直なところだと思う。普段からもっとすべきだったのに、こんなときだけやりやがって、と自分でも思う。

すでに相当額集まっている寄附金の数字を見て、いつだってこうやって俺たちはなんとかやってきたはずじゃないか、誰にも頼れなくても、俺たちは俺たちで支え合えるじゃないか、と静かに思う。

4/20 ベーコンエッグ

起床。娘のためにベーコンエッグを作る。

最近気に入ったらしくいつもこれ。ブロックベーコンを薄く切って、卵と小さなフライパンの中でぐしゃぐしゃに焼いただけのもの。しょうゆをたらして、喜んで食べている。

俺はヨーグルトだけ食べて仕事を始める。

 


昼食はケンタッキー。妻が買ってきてくれる。コールスローサラダを入れ忘れられたらしく、電話。返金するので後日来店することになって妻は怒りが収まらない。

昼食後、自宅で運動中に飲んでいるVAAMという脂肪が燃焼しやすくなるという飲み物を買いに行く。最近はペットボトルゴミが出なくなって、値段もトータルでは安く済むので、粉末状のスティックタイプを購入している。

 


マスクをつけたいが、残りわずかな使い捨てマスクをほんの数分の外出に使いたくないなと思って妻が作っている布マスクを一つ分けてもらう。ストライプ柄で、つけてみると結構良い。

数週間ぶりにドラッグストアに入ると、もちろんマスクコーナーはまだガラガラで、ティッシュとトイレットペーパーもスカスカしており、ハンドソープ類も無いらしい。

レジの上には透明のビニールがつる下げられていて店員と客を区切っている。

PayPayで払うので現金のやり取りはないし、接触も避けられたな、とおもっていたらレシートがあった。いらないです、と言えばよかったのだが久しぶりの買い物だったために以前の癖で手を伸ばしてしまうと店員がスッとレシートを下に置いて手を引っ込めた。

そうか、今はそうだった、と思い至り無言でレシートを受け取ってポケットに突っ込んだ。

 


家に帰って再び仕事。

以前はなかなか時間が過ぎないと思って、何度も部屋の中をうろうろしたりしたが、

最近は逆に家で仕事をしていてももう夕方か、という時も出てきた。

 


夕方、ステッパータイム。夕食。ごはんがおいしい。お米がちょっといいやつを使っていると妻が教えてくれる。

夕食後に嫌そうな顔の息子をなだめすかして勉強タイム。

公文とうんこ漢字ドリル。本当は九九の復習もしたかったがこれ以上やらせるとまた

泣きモードに入りそうだったので切り上げる。算数のひっ算はかなり早くなった。数日でも毎日続けて横で見ていると、出来る様になる様子がわかってこちらも楽しい。国語は、

多分読み取れているはずなのに、自分でその答えを違うと打ち消してしまい、やけに難しく考えてしまっているようだ。読解にとても時間がかかる。逆に九九などはアプリでゲーム的に覚えさせるとすぐに覚える。が、すぐに忘れる。繰り返して体に覚えさせるしかない。

 


きょうは娘が一緒にお風呂に入らない、ごめんね、と言ってくる。

自分が一緒にお風呂に入らないことで父親は寂しがるはずだ、という思いがあるから謝るわけで、女の子はいいなあ、と思う。

 


戦時中とかに日記を書く人は多かったのだろうか。世の中が異常になったり、身の危険を感じると、なにかを残したくなって文字で残す人は多いのかもしれない。

いつ終わるかわからないが、健康なまま俺が生きていて、いつかこの文章を読み返した時、ホントつらかったよな、と言っていたらいい。

 


明日は晴れて暖かくなると天気予報を見た。

屋上に出て日光浴したい。

4/19 レモンサワー

在宅勤務が続いている。
外出もしない。
飲食物の買い物は妻に任せてしまっている。
たまに洗濯物を干したり、取り込んだりするために外に出る以外、完全に外に出なくなった。

1日の終わりの区切りがつけづらくなった。
すると、1日のリズムが乱れがちになる。

今日から日記代わりにブログを書くことにする。
本当は4月1日から始めようと思っていたのだけど、ずるずると今日まで先延ばしにしてしまった。
機会はあったけど、どうしてもブログの画面を立ち上げて文字を記入する、というところまでたどり着けなかった。
それだけ普段と異なる環境の変化に自分が馴染めていなかったのだと思う。
ちょっとした環境の変化ですぐに体調を崩したり、精神が不安定になるのは小学生くらいから変わらない。
担任が厳しかった2年生まではおねしょがとまらず、体格のよかった俺はアテントを履いて寝ていた。
母親の諦めかけた疲れた顔が目に浮かぶ。ごめん。(3年生の担任はやさしかったので、おねしょはとまった)

今日の日記。
前日の夜レモンサワーを飲みすぎて8時にセットしたアラームのスヌーズを数十回聞いて10時半に起きる。
起きてやることは全ての部屋のカーテンを開き窓を開けて換気をすること。
この作業をしているといつもサザエさんの火曜日再放送のオープニングテーマを思い出す。
「窓をあけましょ ルルル 陽気にうたおう サザエさん
という歌だったと思う。

朝ごはん。ヨーグルトのビオ、いちご味。
長男はYouTube、長女もYouTube。妻はミシンでミンネに出品する小物を黙々と作っている。
水回りの掃除をすることを思い立ち、まず洗面所を掃除。
排水溝もパイプ洗浄剤で綺麗にする。
髪の毛やらが溶けるのを待っている間に部屋の掃除。寝っ転がってスマホを見ている子供達のパジャマを脱がせつつ
掃除機をかける。
トイレ掃除の途中でおひるごはん。ソース焼きそば
昼食後にトイレ掃除の続き。綺麗になると気持ちがいい。
14時から仕事を少しする。在宅勤務だと仕事を土日だろうがいつでもできてしまうので、気になるとついパソコンを開いてしまう。
社畜、という言葉が頭をよぎる。
いやいや、俺は会社とお互い利用し合ういい距離感でつきあっているだけだ、とその考えを打ち消しつつ、なんかセフレみたいな考え方してるな、と思う。
俺と会社はセフレである。
15時過ぎ、今日は窓から見る限り死ぬほどいい天気だったので、自転車に乗って土手沿いを30分ほど走るのはどうだろうかと思って子供達に
「自転車に乗って土手行かない?」
と聞くと「コロナが怖いからいかない」と言われる。よっぽど子供の方が危機管理意識が高いようだ。
仕方ないので長男に宿題をやらせることにする。公文の国語と算数。そのあとスマホのアプリで九九をやる。今日で九の段まで行った。算数の教科書を見ると九九は2年生の後半のようだが、いつまで学校が遅れるかもわからないし、先に進めておくことにする。
二ヶ月ほど前に買った「うんこドリル」が手付かずで残っていることを思い出し、これをやってもらうことにする。
1年生の復習まとめを買ってあったので、このドリルで1年生の復習をしつつ公文が少しだけ先に進んでいたので、ちょうどいいな、と思った。
しかし先生は大変な仕事だと思う。1日小一時間息子を相手にするだけでこれだけストレスが溜まる。子供も泣いたり怒ったりするし、お互いストレス。
勉強という字が勉めて強いるという字であることに深みと重みを感じてしまう。
勉強が終わると洗濯物を取り込みに行く。いい天気。外を歩く人はやはり少ない。これだけいい天気なのにな、と日本全国の人が思っているのだと思うと
悲しくなってしまう。
17時、ステッパータイム。内村さまぁ〜ずを見ながら1時間踏んで、腹筋ローラー。鳥居みゆきの回を見たのだけど、ディレクターが鳥居みゆきとインドに二人旅しており、普通に羨ましかった。鳥居みゆきが昔より普通のメイクになってきるせいもあって、普通に美人だった。
ストレッチが終わるタイミングでちょうど妻が夕飯を作ってくれている。
大根と豚バラの炒めものは美味しくてご飯がすすむ。
日課の「静かなるドン」を無料アプリで読む。もうすぐ無料配信分をすべて読みきってしまう。どうしよう。60巻までしか読めない。全部で108巻あるのに。
課金して読むか。あと48巻分。いくらかかんだよ。どうしよう。もらえる10万円使えばいいか。
子供と風呂に入って子供が寝た後22時。
先週届いていた星野源「イエローマガジン」をやっと読み始める。CDをパソコンに取り込み、今聴きながらこのブログを書く。
一番好きなのはやっぱり「どうかしてるぜ」だな、と改めて思う。いや、「ラジオ」もいいな。

明日は7時には起きなければ。
そしてその前に俺はこれからレモンサワーを飲まなければ。

ちょろい

娘5歳と話していると面白い。褒めるとわかりやすく嬉しがるから。
最近は、ちょっと複雑になって「別に」と、つんとした態度をとりつつも
そっぽを向いているので回りこんで顔を見るとにやにやしたりしている。
ちょろいな〜と思って、ますますかわいいなあお前は、となる。
もしかして、そうすると喜ぶと思ってやってるのか。
親父ちょろいな〜と思われてるかもしれない。

ジム

2月末から自主的にジムに行かないようにした。それ以来定期的に行っていた運動の機会を失い、ただでさえ太りやすいのに、ここ最近の外出自粛やテレワークの増加で完全にダメ押しされ、体重がみるみる増えた。夕方過ぎ、妻に時間をもらい土手沿いを小一時間散歩してみたりもしたが、どうにも性に合わなくて数回でやめてしまった。やっぱり実際の外に出ると車は走ってるし最近は同じことを考える人が多いのか、びっくりするくらい河川敷に人がいる。皆ばっちりスポーツウェアに身を包んで走り回っているし、正式名称もわからないがなんか競輪選手みたいな格好して早そうな自転車に乗った人々がビュンビュン飛ばしていて非常に危ない。夜な夜なネットを見ながらたどり着いた答えは「家にジムをつくる」ということだった。俺はジムに行っている、と言ってもストレッチと最低限の筋トレマシン、それと有酸素運用のための自転車こぐみたいな機械と、でっかいステッパーみたいのくらいしか使っていなかったので、要はそれらと同じような運動負荷が得られればいいのである。ちょうどタイミングを同じくしてジムからは臨時休業のおしらせがメールで来たので、速攻で電話で休会を申し込むとともに、通販でステッパーと腹筋ローラーを買った。もっと時間がかかるかな、と思ったら腹筋ローラーは翌日に、ステッパーは翌々日に到着した。この状況でも仕事を続けてくれている配送業者の皆様には頭が下がるばかりだが、やはり外出をしない人が増えると通販の利用率もあがるためか、ステッパーを届けてくれた某社の配送員の方はかなり精神的に追い詰められている様子だった。というのも、チャイムが鳴ってすぐにドアを開けた僕に対し、開口一番「ああよかった。この箱、宅配ボックス入らないですよねえ(我が家には宅配ボックスが設置してあり「不在の場合はご利用ください」というステッカーをインターホンの横に貼っている)これ、重いんですよ。持って帰らなきゃいけないから…」と何も聞いていないのに言い始めたのである。俺はやや面食らったものの、すぐにハンコを押してステッパーを受け取った。実際ステッパーは10kg以上あり、重いのだが、俺は特に宅配ボックスへの配送を指定したわけでも、再配達を依頼したわけでもない。まして、チャイム一回でドアを開けたのにも関わらず、なんであんなことを言われたのだろう、とややもやもやした。そんなことを気にしてしまうのはここ最近外にも出れず、運動も出来ていないからだ!と言い聞かせ、ステッパーをセットする。子供達には「これはおもちゃじゃないからね。ちょっとアッチ行っててね」と言い、ジムに行く時のウェアに着替え、きちんとジム内で履いていた運動靴も履く。スポーツドリンクも用意し、テレビの正面にセットしたステッパーに乗る。そして、アマゾンプライムでずっと見たかった内村さまぁ〜ずを見ながら、恐る恐るステッパーを踏み込んだ。最初は多少硬かったものの、徐々にシリンダー内のオイルが温まると滑りが良くなるのか、滑らかに踏み込めるようになる。およそ1時間、そうやってステッパーを踏んでいると意外と汗をかく。息が軽くあがったところでステッパーを降り、今度はフローリングにヨガマットを強いて、その上で腹筋ローラーを転がす。とはいえ、初心者なので、距離は短く取り、怪我をしないようローラーが壁に当たるようにして行う。無理はしない。ユーチューブでいくつかやり方を見て、一番簡単そうなやり方を参考にした。それでも10回を3セットやるだけで腹筋が引きつるように痛い。完全につってしまうと大変なことになるので、痙攣しそうになる手前で止める。最後に簡単なストレッチをして、おわり。自己流なので正しくはないだろうが、自分なりに「今まで自分がジムに求めていたもの」がこれでほぼできる環境になった。購入したものの金額はジムのおよそ二ヶ月分だが、休会した分ジムの費用は浮いているので、差し引きゼロくらいだと思う。実際、二ヶ月以上はジムに行けないか、行きたくないし。ジムに行けない、というストレスをジムに使っていたお金を別のものに使って解消出来た、という話。この程度の運動で満足できる人間でよかった。もっとジムに入れ込んで体を鍛えている人は、今回の自粛でストレス相当あるのではないかと思う。健康でありたい。