もうだめかもしれない。

大丈夫ですかと聞かれたら、はい大丈夫ですと言うタイプの人間です。

Tシャツがくさい

Tシャツがくさい。

いわゆる生乾きのにおいである。
ここ最近は雨が続いていて、外干しができないため、部屋干ししたり乾燥機をかけてもらったり、
妻には色々と手間をかけてもらっており大変感謝している。
ところが、そういうことと全く関係ないところでTシャツがくさいのである。

続きを読む

カラオケ

先日、久しぶりに職場の同僚とカラオケ店へ行った。

7月の人事異動で、私の所属する部署にも動きがあった。
別部署へ異動する人と、これから新しく私の部署へやってくる人の歓送迎会が行われ、その二次会という立ち位置だった。

普段であれば二次会にあまり行くタイプではない私だが、転出する人には長らくお世話になっていたこともあり、電車の時間が気になりながらも参加することにした。

カラオケ店はだいぶ混んでいて、来ている人たちも酔客ばかり。
酒と煙草と汗の匂いが入り混じる受付で酔った頭のままなんとか手続きを済ませていると、後ろから別の団体がフロントの女性に
「ねえ、いつまで待たせんの?さっきからずっと待ってんだけど」
と言い始めた。
フロントには若い女性がひとりきりで受付をしながらじゃんじゃんかかっててくる内線電話を取っては応対する、ということを繰り返していて、見ているだけでこちらの胃が痛くなるような現場だった。

そんな状況を見ていて、私は学生時代短い間だけやっていた、自分のカラオケ店
でのバイト体験を思い出した。

 

続きを読む

車の運転

車の運転が下手である。

あっちを擦り、こっちをぶつけ、3年前に新車で買った車は、不憫なことにぼろぼろになってしまった。
つい先日ももう何百回も通っているはずの家の駐車場を出てすぐの電柱に思いっきり左側面を
「ガリガリガリ!」
と猫のマーキングのようにこすりつけてしまい、あとで降りて見てみたら、電柱には黒と黄色のシマシマの保護テープが
巻いてあったものだから、車体にも黒と黄色の模様がついてしまっていた。わあ、くまのプーさんのティガーみたい!と
ポジティブに捉えられる心が欲しかった。現実の私はその跡をそっと撫でたあとに「あーっ!!」と咆哮した。

続きを読む

ゲーム実況

あまり褒められた話ではないのだが、子供にスマホを渡してしまうことがある。

これはもう、ね。
いや認めます。

心が折れる瞬間って、あるじゃないですか。
まあ、いつも折れてるっていうか、しょっちゅう折れるし、そもそも折れるほど普段からぱきっとまっすぐ伸びてた?
むしろ最初からぐんにゃり垂れ下がってない?心。
という気もするが、子供たちの底抜けの体力に追いつかず、それでも「ねえねえねえねえねえあそぼあそぼあそぼあそぼうよ〜!!!!」というのが
数時間続くともう「これ…」とスマホを渡してしまう時もあるじゃないですか。あるんですよ。

続きを読む

電卓

流通業をやっていると、商談の場で取引先に価格の交渉をすることもある。

と書くとなんだかかっこいいが、要は

「ここんとこもう少しなんとかなりませんかねえ〜!??
お願いしますよう〜お願いお願い〜こっちも苦しいんですわ〜!!
下げちくり下げちくり〜!!!!」

ということをもっともらしく言っているだけである。

続きを読む

裏窓の目撃者

会社で仕事中に私用の電話をかける際の作法というのは、どのようなものなのだろうか。

これは、だいぶ個人の裁量に委ねられているところが大きいように思う。
人によっては気にせずにそのまま自分のデスクで話し始める人もいる。
もちろんたいていの用事というのは短時間で済むわけだし、そのせいぜい数分という時間にとやかく言う人というのもそうそういないので、
それでも構わないのだけど、私は単純に「誰かにプライベートな会話を聞かれるのは恥ずかしい」という理由で席を立つ。

続きを読む

息子のうんこ事情

息子のうんこが流れない。

いきなりのうんこの話で申し訳ない。

今回の話はずっと、ずっっっとうんこの話なので、今お食事中の方、
もしくはカレーを食べている方、
もしくはうんこアレルギーの方、
そして、うんこを食べている方も読むのを控えていただきたい。

しかし、私にとって目下の悩みは息子のうんこのことなのだ。

水洗便所に大をして、それが流せない。
もはや禅問答のようだが、本当のことである。

続きを読む

おしくらまんじゅう

妻から娘の最近の言い間違いを聞いた。

「お子様ランチ」を
「おしくらまんじゅう」

「ハンバーグ」を
「はんぶんこ」

と言っているらしい。

続きを読む

出したい時に出ない

会社に行くのにリュックを使っているのだが、出したい時に、出したいものが見事に出ない。

特に毎日感じているのが家の鍵で、これがまあ、出ない。

続きを読む

あかずの間

職場のトイレの個室がいつも塞がっている。

私の職場の男子トイレは個室が2つ、小便器は3つという、オフィスのフロアの広さ、及びそこに詰め込まれた人員の数から考えるに
建築には素人ながら物申したくなるほどのトイレ的には劣悪な環境であり、「働き方改革」とか言う前にとりあえずトイレ改革から迅速に進めてほしいところなのである。

当然ながら大をするための競争は熾烈を極める。

続きを読む